読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鷹木さんの読書感想文

主に読んだ本の感想とか。発言は個人的な見解です。

似てるけどちょっと違う

現在勤めている職場は寮があって、そこに住んでいるのだが、

 

その寮は先輩後輩ごちゃ混ぜの3人一部屋というとんでもないものなのだ。

 

そこで一緒の部屋になった先輩が辞めて1年ほど経ったのだが

 

その先輩が、なんとなく僕に似ていたのだ。

 

いや、似ているとよく言われたのだ。

 

映画をよく見る。

本が好き。

漫画を読む。

雑学やクイズ番組が好き。

飲みに行くのが好き。

 

他の先輩方からも

 

「同じような奴が同じ部屋に住んでるのか」

 

とよく言っていたのだが、僕からしてもその似ている先輩からしても

 

似ているか???

 

という感じだった。

 

まず映画が好き。というところだが、

 

先輩は洋画が、僕は邦画が好きなのだ。

 

先輩は「邦画はクオリティが低い」といい、

 

僕は「洋画は外国の人の名前が頭に入ってこない」という。

 

本が好き。というところも

 

先輩は「乱読」かつ「愛書家」

 

僕は「著者で本を選び」「愛読家」

 

なのだ。先輩はとりあえず面白そうだと思った本は読む。

 

そして何よりも本そのものを愛していた。

 

お菓子を食べながら読んだり、本を開いたまま放置しようものなら

 

この世の終わりかと思うほど怒った。

 

僕はもちろん面白そうな本を見つけたら読むが、基本的には好きな著者の

 

本を選ぶ。そして本そのものに対しては特に感情がなく、

 

お菓子を食べながら読むし、本を開いたまま放置するし、本が日に焼けても

 

大して気にならない。

 

漫画は、先輩はジャンプやヤンジャンに載るようなタイプが好きで、

 

僕はいわゆるマイナーと呼ばれるものが好きだ。

 

雑学にしても先輩はそれを披露するのが好きだし、僕は雑学を吸収するのが好きだ。

 

飲みに行っても先輩は食べるし飲むし一人でも行く

 

僕はあまり食べないが結構飲む。そして一人では決して飲みに行かない。

 

まぁ大元?は似ているというかよく気があったので仲良くさせていただいていたが

 

奥底でわかりあうことはないだろうなぁと思っていた。

 

似てるようでちょっと違う。そんな話。