読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鷹木さんの読書感想文

主に読んだ本の感想とか。発言は個人的な見解です。

『劇団四季 ライオンキング』

先日、見たい見たいと思っていた劇団四季のライオンキングを見に行った。

 

予定が立てにくい仕事のため、ずるずると引き延ばしていたが、

 

友人と後輩にその話をすると

 

「絶対に見に行ったほうがいい」

「見るならS席。一万越えの価値はある」

 

と、勧められよっていた勢いもあり思い切ってS席のチケットを予約した。

 

前日の街コンの二日酔いを抱えつつ(後日記事にしたい)、会場へ。

 

土曜日ということもあり、カップルや家族連れ、女性グループなどが多く、

 

男一人で来てるのは俺だけだったのでは・・・。

 

んで、感想。

 

オープニングの「circle of life」。

 

もう最初からクライマックス。鳥肌総立ち。

 

歌詞はわからない(日本語のところはもちろんわかる)が、

 

体の芯というか、脳の底からエネルギーというか生命力を感じる

 

賛美歌や神道の結婚式の時に流れる音楽を聴いた時も思ったが、

 

音楽というのはやっぱり本能を揺さぶる。

 

聴いたことがなくても、賛美歌を聞けば幸福感にあふれ、

 

神道の楽器の音を聞けば背筋が伸び、

 

アフリカの音楽を聞けば生命力が溢れてくるのだ。

 

象が本当に象の大きさでびっくりした()

 

誰よりも声というか歌が段違いだったのがハイエナで笑ってしまった。

 

あとは友人と後輩から見どころの一つとして聞いていた、

 

ティモンとプンバァの北海道弁

 

さすがにあそこまでなまってる人は、高齢者でも見たことがないが、

 

あぁ北海道の僕らのためにやってくれているんだなぁと思うととても嬉しかったし

 

とても笑えた。芋虫はザンギの味らしいですよ。

 

一つ一つのシーンに感動してしまって、会場全体もそうで、

 

毎回毎回拍手が止まらなかった。

 

音楽、歌、劇、美術、技術

 

ミュージカルは総合芸術で芸術の最高到達点かもしれない。そう思った。